LIFE

【ドラゴンボート体験レポ】シンガポールで10人乗りドラゴンボートに挑戦

こんにちは、シンガポール在住のマルチビタミンです♪

2020年6月25日(旧暦5月5日)は、シンガポールの伝統行事であるドラゴンボートフェスティバルの日でしたね。当記事では、ドラゴンボートフェスティバルについて概要と、筆者がドラゴンボートの体験会に参加した時のことを詳しくご紹介したいと思います。


ドラゴンボートフェスティバルとは?

ドラゴンボートフェスティバルは、川に身投げをした古代中国の高官の悲劇が由来となっています。彼を慕っていた国民が、舟で彼を探し回ったことがドラゴンボートの始まりと言われています。

川に沈んだ彼の亡骸を魚から守るため、人々はもち米を川に投げ込んで魚の気を引いたという伝説があり、人々はこの日にちまきを食べるのが伝統となっています。

現在では端午の節句を祝う活気あるお祝い行事として、毎年中国やシンガポールではドラゴンボートレースが開催されています。ビジネスの場でも、この日は家族の健康を祈念するメールを送り合う習慣があります。


そもそも、ドラゴンボートとは?

ドラゴンボートとは、古代中国で生まれた、幅が狭く縦長の手漕ぎの舟のことを言います。22名前後が標準の乗員数で、木で出来たオールで漕いで前進します。筆者が乗ったのは、写真のような一艘10人乗りのドラゴンボートでした。

シンガポールのカランで見たドラゴンボート
10人乗りドラゴンボート


ドラゴンボートはシンガポールのどこで体験出来る?

シンガポールでは、サークルラインのスタジアム駅付近にあるWater Sports Centre(ウォータースポーツセンター)でドラゴンボートの体験をすることが出来ます。(7日前までの事前予約が必要)

 ご予約はこちら(Water Sports Centerリンク):

https://www.sportshub.com.sg/water-sports-courses

※現在はCOVID-19の影響で申し込みは中止しています。再開されると、こちらで開催日が確認できます。


ドラゴンボートの体験費用は?

体験コースは2時間で、大人一人S$15、子供一人S$12*です。(公式サイトより)

指導料・必要な道具のレンタルが含まれます。 

*子供の対象年齢は9歳以上。


当日の服装や持ち物は?

当日の服装

動きやすく、濡れてもいいスポーツウェアで乗船しましょう。シンガポールの強い日差しの中、屋外に2時間ほどいることになるので、日焼けが気になる方は長袖がおすすめです。筆者は長袖のランニングウェアと、ナイロン加工のズボンで参加しました。

靴は濡れても良いスニーカーや撥水加工のものにしましょう。(注:サンダルはNGです)

スポーツセンターにはシャワー付き更衣室と鍵付きのロッカーがあるので、現地に到着してから着替えることも可能です。

当日の持ち物

・着替え

・日焼け止め

・帽子またはサングラス

・汗拭きタオル

・洗面用具(シャワーを浴びる方)

・飲み物(自動販売機はあります)


ドラゴンボート体験当日の流れは?

1.受付・着替え

体験会開始の30分前までに、Water Sports Centreに集合します。筆者は9時-11時の体験会に参加したので、8:30集合でした。

受付を済ませたら、各自ロッカーで着替えます。持ち物は携帯電話も含めて全てロッカーに入れておきましょう。準備が整ったら、インストラクターの指示があるまで、ロッカーの外で待ちましょう。

2.準備運動・インストラクション

筆者は知り合いの寄せ集めチームで参加したので、全員集合したらまずは自己紹介をしました。参加者は、30代から40代のシンガポールの社会人でした。

自己紹介の後は準備体操をして、各自セーフティーベストを身に着けます。その後、インストラクターより注意事項やオールの漕ぎ方について説明があります。

3.いざ、乗船!

準備が整ったら、乗車順を決めて、順番に乗船していきます。

乗船ルートは、カランのスポーツセンターを出発して、ガーデンズバイザベイ方面へ片道2㎞ちょっと進んで、元来たルートを戻ります。順番に漕いで休憩をしながら、約5キロを1時間くらいかけて進んでいきます。

f:id:Multivitamin:20200629171344p:plain


実際に乗ってみての感想は?

さて、実際に体験してみての感想ですが、ボートを漕ぐってめちゃめちゃ辛いです。。ディズニーランドのビーバーブラザーズのカヌーに乗ったことがある人は分かると思いますが、それのもっとハードな感じです。

シンガポールの暑さの中、重たいオールを動かすことを想像してみてください。開始5分くらいで「何でわざわざこんなに辛い思いをしに来てるんだろう・・」と思うことでしょう。

ですが、周りの綺麗な景色に癒されます。

f:id:Multivitamin:20200629164303j:plain

シンガポールには、様々な国籍のドラゴンボートのチームがあり、練習中の彼らとすれ違うことがあります。屈強な男たちのボートは、軽々と我々初心者ボートを追い抜いていきました。

f:id:Multivitamin:20200629164326j:plain

岸に戻って来た時にはみんなぐったりでしたが、達成感でいっぱいでとても気持ちが良かったです。全員で記念撮影をして終了です。

着替えを済ませたあとは、スタジアム駅のモールでランチを食べました。運動後のご飯はとっても美味しかったです♪

f:id:Multivitamin:20200629174649j:plain

 シンガポールならではのスポーツを、一度体験してみてはいかがでしょうか。

【Water Sports Center】

Address : 8 Stadium Walk, Singapore 397699

Link : https://www.sportshub.com.sg/water-sports-courses

以上、ドラゴンボートフェスティバルの概要と、ドラゴンボートの体験レポートでした。

シンガポールならではのスポーツ体験にいいね!と思ったら、こちらをポチッとお願いします ↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

それではまた♪ 

マルチビタミン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。